東京都は8日午後、新型コロナウイルスの感染状況を検討するモニタリング会議を開いた。専門家の意見を踏まえ、同日中に新型コロナ対策の特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用について、政府に要請する方針を正式決定する。都関係者によると、対象地域は23区と多摩地域の一部を想定している。
 会議では、都内の感染状況と医療提供体制は共に最も深刻なレベルが続いていると分析。専門家は「爆発的に感染が拡大し第3波を超えることが危惧される」と指摘した。
 これに先立ち、小池百合子知事は登庁時、記者団に「専門家の分析なども伺い、判断する」と述べた。 
〔写真説明〕取材に応じる東京都の小池百合子知事=8日午前、都庁

(ニュース提供元:時事通信社)