【サンパウロ時事】カリブ海の島国セントビンセント・グレナディーンのセントビンセント島北部にある同国最高峰のスフリエール火山が9日、噴火した。人的被害は伝えられていない。火山活動が活発化していたことから、ゴンザルベス首相は8日、島北部の住民に避難命令を出していた。
 地元報道によると、スフリエール山の噴火は1979年以来。1902年の噴火では1000人以上が死亡したという。英連邦に加盟する同国はカリブ海東部のセントビンセント島とグレナディーン諸島から成り、人口は約11万人。 

(ニュース提供元:時事通信社)