9日夜からトカラ列島近海を震源とする地震が相次ぎ、10日午前7時7分ごろと午後4時36分ごろには、鹿児島県十島村で震度4の揺れを観測した。このほか午前6時5分ごろから11日午前1時35分ごろにかけ、同村で震度3を観測する地震が8回発生した。
 気象庁によると、震度4を観測した地震は、いずれも震源の深さが約20キロ。地震の規模(マグニチュード)は5.2と5.0と推定される。午前の地震では同県奄美市で震度3を観測した。 

(ニュース提供元:時事通信社)