小泉進次郎環境相は13日の閣議後記者会見で、政府が東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出を決定したことを踏まえ、「省として、新たに処理水の放出の前と後にトリチウムに関するモニタリングを実施する」と発表した。
 環境省などはこれまでセシウムの濃度を中心に同原発周辺の海域などを調査していた。同省は、処理水放出の1年程度前から、トリチウム濃度の調査を始める意向だ。
 小泉氏は会見で「トリチウムは国内外の原子力施設から各国の基準を順守しつつ放出されている」と現状を説明。その上で「透明性、客観性を重視したモニタリングを実施して公表することで、風評の抑制につなげていきたい」と強調した。 
〔写真説明〕閣議後に記者会見する小泉進次郎環境相=13日午前、同省

(ニュース提供元:時事通信社)