政府は13日、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の適用対象地域に愛知県を含める方向で検討に入った。神奈川、埼玉、千葉の3県に対する重点措置適用の是非も見極める。週内にも判断する。政府関係者が明らかにした。
 愛知県では新規感染者が急増。大村秀章知事は13日の記者会見で、まん延防止措置の適用を国に要請する考えを明らかにした。
 これに関連し、加藤勝信官房長官は同日の会見で、「政府に対して具体的な要請もない段階なので、コメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。ただ、政府は愛知県から要請を受け次第、対応する方針だ。
 神奈川、埼玉、千葉の3県の感染状況について、西村康稔経済再生担当相は会見で、「(新規感染者数は)横ばいの状況が続いている」との認識を示した。
 大阪府では13日、新規感染者が初めて1000人を超えた。加藤長官は会見で「感染防止の徹底、医療提供体制の確保、変異株への警戒に留意しながら、感染を抑えるべく連携して対応していきたい」と語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)