【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品企業モデルナは13日、同社の新型コロナウイルスワクチンが2回目の接種から約半年後も90%を超える有効性を示したと発表した。後期臨床試験(治験)の暫定分析結果に基づくもので、重症化の予防効果に限れば95%超だったという。 

(ニュース提供元:時事通信社)