国内では16日、47都道府県と空港検疫で4532人の新型コロナウイルス感染者が新たに確認された。新規感染者が4000人を超えたのは3日連続。1209人の感染が判明した大阪府をはじめ、兵庫(510人)、新潟(40人)、石川(35人)各県もこれまでで最も多かった。
 全国で確認された死者は大阪で16人など計46人。厚生労働省によると、重症者は前日比39人増の670人だった。
 大阪では、新規感染者が4日連続で1000人を超えた。重症者数は274人と過去最多を連日更新し、府の病床確保計画に基づく重症病床の使用率は102.2%に達した。現在、医療体制に比較的余裕のある滋賀県に対し、看護師派遣を要請している。
 東京都では667人の感染が判明した。500人を上回ったのは4日連続。都内の新規感染者の直近1週間平均は542.0人で、前週比122.9%。この日判明したのは20代が200人で最も多く、30代132人、40代119人と続いた。65歳以上は69人。都基準の重症者は前日比6人増の43人。 
〔写真説明〕にぎわう飲食店街=9日午後、東京都渋谷区

(ニュース提供元:時事通信社)