前線を伴う低気圧の影響で、17日午後は近畿から北海道にかけて雨が降った。低気圧は東海や関東の南岸を東へ進んだ後、18日には三陸沖から北海道付近へ北上すると予想される。気象庁は東・北日本では大雨や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。海上は大しけになり、19日まで続く所がある見込み。
 18日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海と北海道120ミリ、関東甲信と東北100ミリ。
 18日にかけて予想される最大瞬間風速は北陸と東北35メートル、関東・伊豆諸島と北海道30メートル。波の高さは北陸と東北6メートル、関東・伊豆諸島と北海道5メートル。 

(ニュース提供元:時事通信社)