大阪府は18日、新たに過去最多となる1220人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの新規感染者は、6日続けて1000人を上回った。
 府内の重症者は前日から15人増え286人となった。重症病床はほぼ満床で、中等症患者向け病院で治療する重症者が42人いる。吉村洋文知事は、緊急事態宣言の再発令を要請するか近く判断する考えを示している。
 東京都では、新たに543人の陽性が判明した。500人を超えたのは6日連続。2回目の緊急事態宣言の解除後、日曜日としては最多となった。
 都によると、年代別では多い順に20代145人、30代107人、40代83人など。65歳以上の高齢者は71人、都の基準による重症者は45人だった。
 全国では5日連続で4000人を超える4093人の感染が確認された。和歌山県では過去最多と並ぶ44人の陽性が判明。全国の死者は16人増、重症者は前日比21人増の723人だった。 

(ニュース提供元:時事通信社)