全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)らは19日、新型コロナウイルス緊急対策本部の幹部会合をテレビ会議で開き、国への提言をまとめた。変異ウイルスの感染拡大を受けて、「危機的な状況を踏まえ、必要な場合には、ちゅうちょなく緊急事態宣言を発出する」よう求めている。
 提言では、変異ウイルスについて「強力な対策を講じなければ防ぎ切れない」と強調。国に対し、大型連休中に「まん延防止等重点措置」の適用地域と他地域との往来を抑制することや、こうした対策により影響を受ける地域経済への早急な支援を訴えた。
 飯泉氏は席上、「変異株の猛威をまざまざと見せつけられている。全国的な感染拡大と言って過言ではない」と指摘。会合では、都道府県境をまたいだ移動は慎重に判断するよう国民に呼び掛ける知事会としてのメッセージも取りまとめた。 

(ニュース提供元:時事通信社)