全国20政令市でつくる指定都市市長会の林文子会長(横浜市長)らは21日、新型コロナウイルスワクチンをめぐり河野太郎規制改革担当相とオンラインで会談し、感染者が多い都市部への重点的な配分などを要請した。
 同市長会は、都市部には人口や人の流れが集中していると指摘。林氏は「政令市で円滑・迅速にワクチン接種を行うことは、新型コロナの収束に向けて極めて重要だ」と訴えた。
 河野氏は「ワクチン接種は、人口の多いところがどれだけスピード感を出せるかがスケジュールにも大きく関わってくる」とした上で、都市部での接種を支援していく姿勢を示した。 
〔写真説明〕新型コロナウイルスワクチンをめぐり、河野太郎規制改革担当相(右下)と意見を交わす指定都市市長会の林文子会長(中央上)ら=21日午後

(ニュース提供元:時事通信社)