【シドニー時事】オーストラリア連邦政府は21日、南東部ビクトリア州政府が中国政府などと結んだ協定が連邦政府の外交政策と一致していないなどとして、4件の破棄を決めたと発表した。2件は中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に関して結んだ文書で、ぎくしゃくしている両国関係が一段と悪化しそうだ。
 豪州では昨年、州政府や大学などが外国政府と結んだ協定に対して、国家主権を脅かすと判断すれば連邦政府が拒否権を発動すると定めた法律が制定された。既存の協定も対象となるため、州政府などから申告があった1000件以上について審査していた。
 発表によると、破棄が決まった中国関連の2件は、ビクトリア州政府が2018、19両年に結んだ協定。連邦政府は日米と同様に一帯一路と距離を置いている。同州がイラン、シリアとそれぞれ結んだ協定も破棄が決まった。 

(ニュース提供元:時事通信社)