大阪府は22日、新たに1167人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。1日当たりの新規感染者が1000人を超えたのは3日連続。東京都では2日連続で800人を超える861人の感染が判明した。
 全国の新規感染者は2日連続で5000人を超える5501人。死者は41人、重症者は前日から14人増の805人だった。
 兵庫県ではこれまでで2番目に多い547人が陽性となり、奈良(125人)、三重(68人)、福井(38人)各県は2日連続で最多を更新。大分県(42人)も過去最多となった。埼玉(233人)、神奈川(318人)、京都(148人)、福岡(268人)各府県では、2回目の緊急事態宣言の解除以降で最多を更新した。
 東京都の新規感染者の直近1週間平均は684.1人で、前週より30.7%増えた。この日感染が判明した中で重症化リスクの高い65歳以上は105人だった。都基準の重症者は48人で前日と変わっていない。
 神戸市は、入院調整中だった女性1人が、21日に自宅で死亡しているのが見つかったと発表した。同市では20日にも自宅で入院調整中の男性1人が死亡していた。 
〔写真説明〕東京都が新型コロナ対策で設置した看護師による自宅療養者向け電話相談拠点「自宅療養者フォローアップセンター」=21日、東京都

(ニュース提供元:時事通信社)