【イスタンブール時事】イスラエル軍の声明によると、シリアから発射された地対空ミサイル1発が22日、イスラエル南部に着弾した。死傷者は出ていない。イスラエル軍はこの直後、シリアの首都ダマスカス郊外にあるシリア軍のミサイル発射施設などに報復攻撃を加え、シリア国営通信は兵士4人が負傷したと報じた。
 ミサイルが着弾した地点は、南部ネゲブ砂漠の町ディモナに近い。ディモナには原子炉があることで知られるが、これを標的にしたものではないとみられる。 

(ニュース提供元:時事通信社)