内閣府は22日、同府や内閣官房、個人情報保護委員会、復興庁の職員が外部とのファイル送受信で利用するサーバーで不正アクセスがあったと発表した。アクセスがあったファイルには、231人分の非公表の氏名や連絡先など個人情報が含まれ、流出した可能性があるという。外部攻撃への監視機能を強化したとして、26日からサーバーの利用を再開する方針。 

(ニュース提供元:時事通信社)