菅義偉首相は23日の参院本会議で、新型コロナウイルス対策での4都府県への緊急事態宣言発令に関し、「影響を受ける方々への支援策をしっかり講じ、感染拡大を食い止めるため対策を徹底する」と強調した。また、人出が増えると見込まれる来週からの大型連休に触れ、「強力な対策を短期集中的に実施し、ウイルスの勢いを抑え込む必要がある」と理解を求めた。国民民主党の川合孝典氏への答弁。
 立憲民主党の真山勇一氏は、宣言やまん延防止等重点措置の適用が続いている場合でも今夏の東京五輪・パラリンピックを開く考えかをただした。首相は「安全・安心な大会が実現できるよう全力を尽くす」と改めて表明。ワクチン接種が予定通り進まず失敗したときに内閣総辞職の覚悟があるか問われたのに対しては、「速やかに接種が進むよう先頭に立って全力を尽くすことが私の責任だ」と答えた。 

(ニュース提供元:時事通信社)