菅義偉首相は23日の衆院厚生労働委員会で、新型コロナウイルス対策で4都府県に緊急事態宣言を発令する状況となったことを謝罪した。3月に全面解除を決定した際、「再び宣言を出すことがないよう対策をしっかりするのが私の責務だ」と表明したことに触れ、「大変申し訳ない思いだ」と語った。立憲民主党の山井和則氏への答弁。
 首相は大阪府や兵庫県などで急速に広まった変異ウイルスを挙げ、「(3月)当時は出ていなかった」と釈明。山井氏は「変異ウイルスの恐ろしさは皆がもう議論していた」と見通しの甘さを指摘した。 

(ニュース提供元:時事通信社)