菅義偉首相は23日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン承認や病床の確保に手間取る要因として、現行法制度の不備を挙げた。その上で「法律を改正しなければならないと痛切に感じている。落ち着いたら緊急事態の際の特別措置(法)をつくらなければならない」と表明した。
 首相はワクチンや治療薬の承認が進まない理由について「海外は国内治験を必要としない国がほとんどだが、日本は国内治験をやる仕組みになっている」と述べ、治験者が少ないから容易に結果が得られないと指摘。病床確保の停滞に関しても「医療関係者への政府の権限は現在、お願いベースでしかない」と法律上の限界を訴えた。 

(ニュース提供元:時事通信社)