【パリ時事】フランスのパリ郊外ランブイエの警察署内で23日、女性職員がチュニジア国籍の男に刃物で刺されて死亡した。男は警官に射殺された。仏メディアによれば、男が犯行の際に「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んだという目撃情報もあり、検察のテロ対策部門が捜査を開始した。
 現場に急行したカステックス首相は記者団に、「あらゆるテロと戦うわれわれの決意は不屈だ」と強調。マクロン大統領もツイッターで「イスラム過激派との戦いを決して諦めない」と投稿した。 

(ニュース提供元:時事通信社)