【ジャカルタ時事】インドネシア軍は25日、バリ島沖で沈没した潜水艦「KRIナンガラ402」を発見したと明かした。艦体は海中で大きく三つに分裂しており、ハディ国軍司令官は53人の乗員について「全員が死亡した」と宣言した。
 軍の記者会見によると、無人潜水機が深度838メートルの海中で艦体を発見し、方向舵(だ)や船尾の一部を撮影した。停電で制御不能となり、設計上耐えられる水深よりも深い場所へ沈没。強い水圧を受けて分裂した可能性がある。 

(ニュース提供元:時事通信社)