加藤勝信官房長官は26日の記者会見で、インドで猛威を振るっている新型コロナウイルスの変異株が同日までに日本国内で21件確認されたことを明らかにした。加藤氏は「世界保健機関(WHO)などと連携を図りながら情報収集を行うとともに、国内における監視体制の強化など必要な対策を徹底していきたい」と強調した。
 内訳は空港検疫が20件、国内事例が1件。既に日本国内で確認されている5件を含む。 

(ニュース提供元:時事通信社)