政府は新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」について、29日からの大型連休前の適用地域追加を見送った。ただ、九州地方など各地で感染拡大が続いており、状況次第で連休中の適用も視野に入れる。当面は各地の取り組みを見極めつつ、不要不急の外出や都道府県をまたぐ移動の自粛を呼び掛ける。
 加藤勝信官房長官は28日の記者会見で、連休前に政府が重点措置の適用を決めない理由について「現時点で正式な要請が行われている状況にはない」と説明。「常にそれぞれの自治体と実施している施策、その効果など含めて状況認識を共有化し、連携を図っている」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)