【ソウル時事】自衛隊の山崎幸二統合幕僚長、米軍のミリー統合参謀本部議長、韓国軍の元仁哲合同参謀本部議長が米ハワイで現地時間の29日、会談した。日韓の発表によると、北朝鮮の核・ミサイル開発に関する懸念を共有、3カ国の連携を確認した。
 日米韓の制服組トップが対面で協議するのは新型コロナウイルス発生以降初めて。元氏は「韓(朝鮮)半島と北東アジアの平和と安定のため3カ国の協力が重要」と強調。山崎氏は「国連安保理決議の完全な履行に向けた協力」を訴えた。 

(ニュース提供元:時事通信社)