茨城県の大井川和彦知事は30日の記者会見で、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」を適用するよう、政府へ要請したと明らかにした。対象は感染状況の厳しい県内15市町を想定している。大井川氏は「短期に集中的に感染拡大を抑える」と述べた。
 15市町は水戸市や古河市、常総市、茨城町、大洗町など。県は4月下旬から飲食店の営業時間短縮や不要不急の外出自粛を求めている。大井川氏は「感染拡大が収まってきている状況でないのは明らかだ」と危機感を示した。 
〔写真説明〕「まん延防止等重点措置」の適用を政府へ求めたことを記者会見で説明する茨城県の大井川和彦知事=30日午後、同県庁

(ニュース提供元:時事通信社)