関西電力は30日、運転開始から40年を超える高浜原発2号機(福井県高浜町)について、安全対策工事の完了時期を未定に変更した。作業員不足で工事が遅れているため。テロ対策工事も期限までに完了しないことが確定しており、杉本達治県知事の同意を得た2号機の再稼働は当面難しくなったとみられる。
 完了時期を「21年4月」としてきたが、作業員が足りず、ケーブルを燃えにくいものに取り替える火災防護対策工事などが遅れている。さらにテロ対策施設の完成も6月9日の設置期限に間に合わない。 

(ニュース提供元:時事通信社)