福岡県の服部誠太郎知事は1日の臨時記者会見で、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請したと発表した。対象区域は、感染が急拡大する福岡、久留米両市を中心に他地域も検討。期間を含め、政府との調整を急ぐ。
 現在、福岡、久留米両市内の飲食店に午後9時までの営業時間短縮を要請し、県民には不要不急の外出自粛などを求めている。服部氏は、感染者数が高止まりしている現状に「(時短要請などの)効果が表れてきているとは言い難い」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)