北海道は3日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請する方針を決めた。札幌市が対象で、早ければ5日にも要請する。道では2日、過去最多の326人の感染が確認され、うち246人を札幌市が占めた。
 鈴木直道知事と秋元克広市長が3日、道庁で意見交換し、要請を決めた。記者団の取材に応じた鈴木知事は「厳しい状況を何とか乗り越えたい」と話した。同市の飲食店に出している午後9時までの営業時間短縮要請を1時間早めるなど、重点措置の適用を待たず、独自に対策を講じる考えも示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)