政府は新型コロナウイルス対策として東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に発令中の緊急事態宣言について、11日までの期限を延長する方向で調整に入った。菅義偉首相は5日に西村康稔経済再生担当相ら関係閣僚と対応を協議。4都府県の感染状況や対策の効果を見極めつつ、7日にも最終判断する見通しだ。 

(ニュース提供元:時事通信社)