【北京時事】中国国家発展改革委員会は6日、オーストラリアとの戦略・経済対話に関する全ての活動を無期限に停止すると発表した。中国は巨大経済圏構想「一帯一路」や中国企業をめぐる豪州の対応に不満を強めており、同国への圧力を強化する狙いがあるとみられる。
 発展改革委は声明で「豪政府の一部高官は冷戦思考とイデオロギー的な偏見に基づき、両国の正常な交流や協力を妨害・破壊する一連の措置を打ち出した」として、停止を決めたと説明した。詳細には触れなかった。 

(ニュース提供元:時事通信社)