【サンパウロ時事】ブラジルのボルソナロ大統領は5日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)について、中国に仕掛けられた「新たな戦争」だとの認識を示した。ボルソナロ氏は親米右派だが、中国はブラジル最大の貿易相手国で、新型コロナワクチンのほとんどを依存していることもあり、あからさまな刺激を避けてきた。
 軍出身のボルソナロ氏は大統領府での演説で、ウイルスが中国で人為的に生み出された可能性を示した上で「軍は化学、細菌戦争が何であるかを知っている。われわれは新たな戦争に直面しているのではないか」と主張。「私は明言しないが、どの国が国内総生産(GDP)を最も伸ばしているのか」と問い掛け、中国を暗に非難した。 

(ニュース提供元:時事通信社)