【バンコク時事】ミャンマー国営テレビは8日夜、クーデターで権力を掌握した国軍に対抗し、民主派が発足させた「統一政府」が「テロ組織」に指定されたと報じた。反国軍勢力の受け皿となるのを封じ、民主派への圧力を強めるのが狙いとみられる。
 アウン・サン・スー・チー氏が率いる国民民主連盟(NLD)の議員ら民主派は4月、統一政府の樹立を宣言。統一政府こそが国民の負託を受けた正統な政府だと訴え、今月5日には国軍の弾圧から市民を守る独自部隊の創設を発表した。
 国営テレビは、民主派の組織が「多くの場所で行政機構を破壊する爆発事件や放火、殺人、脅迫を引き起こしている」と主張した。国軍は既に統一政府を「非合法組織」に指定したほか、統一政府の「閣僚」らを反逆罪で指名手配している。
 国軍による民主派の弾圧は続いており、人権団体の政治犯支援協会によると、クーデター後に殺害された市民は776人に達した。 

(ニュース提供元:時事通信社)