【ロンドン時事】英スコットランド議会選で勝利した自治政府与党、スコットランド民族党(SNP)のスタージョン党首(自治政府首相)は9日、ジョンソン英首相と電話会談し、英国からの独立の是非を問う住民投票について「行うかどうかではなく、いつ行うかの問題だ」と述べた。新型コロナウイルス禍の終息を前提に、新議会任期(5年)内の実現を目指す考えを改めて強調した形だ。
 スタージョン氏の報道官が明らかにした。ジョンソン首相からスタージョン氏に電話をかけ、SNPの第1党維持に祝意を伝達。首相官邸によると、両者はコロナ禍からの回復を喫緊の課題とし、共に取り組むことで合意した。 

(ニュース提供元:時事通信社)