11日午前7時40分ごろ、福島県いわき市常磐岩ケ岡町の堺化学工業湯本工場で爆発があった。市消防本部などによると、下請け会社社員の男性4人がやけどなどをし、1人が重傷。4人とも命に別条はないという。県警や消防が詳しい原因を調べている。約4時間後に鎮圧した。
 同工場によると、爆発した当時は堺化学工業の社員と下請け会社の社員約10人が作業中だった。工場では塗料の原料となる亜鉛を製造。亜鉛の粒子の大きさをそろえるため、ファンを回そうとしたところ異音がし、直後に爆発した。現場付近にいた同工場の担当者は「原因は不明だが、装置に不具合があったのではないか」としている。 

(ニュース提供元:時事通信社)