東芝グループで小売店やオフィス向けの機器を手掛ける東芝テックは14日、欧州拠点がサイバー攻撃の被害に遭い、情報が流出した可能性が高いと発表した。米国で石油パイプラインを稼働停止に追い込んだロシア系ハッカー集団による犯行とみており、外部専門機関による調査で被害の全容把握を進めている。
 東芝テックによると、攻撃は4日夜(現地時間)に発生。ドイツ、フランス、オランダ、ベルギーの各国にある現地法人5社に対し、ハッカー集団「ダークサイド」から身代金要求型コンピューターウイルス「ランサムウエア」が仕掛けられた。金銭の要求には応じていないという。
 一方、情報セキュリティー企業の三井物産セキュアディレクションによれば、ダークサイドは14日までに、東芝のフランス拠点に対してサイバー攻撃を実行し、経営管理などの機密情報を盗み出したとする声明を出した。東芝は事実関係を調査中としている。 

(ニュース提供元:時事通信社)