慶応大や東京医科歯科大、京都大などの共同研究グループは17日、新型コロナウイルスの重症化に、免疫機能に関係する遺伝子付近にある塩基配列の違いが関わっている可能性があると発表した。日本人を含む東アジア人の1割が配列の違いを有し、保有する65歳未満は重症化リスクが2倍になったという。研究グループは「重症化を防ぐ薬の開発につながる可能性もある」としている。
 研究グループは、慶応大の研究者らが昨年5月に設立した「コロナ制圧タスクフォース」。各地の病院から集めた感染者の血液検体の全遺伝情報(ゲノム)を解析し、65歳未満の重症患者440人と、新型コロナ発生以前に集めていた65歳未満の2377人を比較した。 

(ニュース提供元:時事通信社)