国が東京と大阪で運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターの予約が17日、始まった。まずは東京23区と大阪市に住む65歳以上の高齢者が対象で、東京会場分は当初予定する5万回の枠のうち約4万1000回、大阪会場分は用意した2万5000回の全ての枠が埋まった。接種は24日から開始し、自治体の取り組みを側面支援する。
 今回の予約対象は、24日からの1週間分。東京は5万回、大阪は2万5000回の枠が用意された。東京分の予約状況は午後8時時点。大阪分の予約は開始から30分足らずでいっぱいになった。
 予約専用サイトは、受け付け開始直後にアクセスが集中し、つながりにくい時間帯もあったが、システム障害などは生じず、大きな混乱は見られなかった。一方、本来受け付けていない6月12~18日の東京の枠が予約可能な状態になっていた。予約のあった722回分は有効とした。現在は修正されている。 
〔写真説明〕会場設営が進む、自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大阪の大規模接種会場=17日午後、大阪市北区
〔写真説明〕報道陣に公開された、自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場=17日午後、大阪市北区
〔写真説明〕報道陣に公開された、自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場=17日午後、大阪市北区

(ニュース提供元:時事通信社)