三菱電機は17日、全従業員を対象に新型コロナウイルスのワクチン接種時に休暇を取得できる制度を導入したと発表した。副反応が出た際も既存の休暇制度を活用し、休みを取れる。週末など混雑する時間帯を避けて接種できる環境を整え、感染拡大防止につなげる。 

(ニュース提供元:時事通信社)