飲料大手のアサヒグループホールディングス(HD)とキリンHDは19日、従業員が新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける際、就業を免除すると発表した。接種後に体調不良となった場合は特別休暇の付与などを行う。期間は両社とも来年2月末まで。
 2回目の接種も対象。グループ正社員に加え、パートやアルバイトも含める。このうちアサヒは、就業時間内に同居する家族の接種に付き添うことを認める。
 サッポロHDは所属長の許可を得た上で、就業時間内の接種を認める。サントリーHDも対応を検討中という。 

(ニュース提供元:時事通信社)