政府は19日、新型コロナウイルス感染症対策本部を持ち回りで開き、カンボジア、スリランカ、セーシェル、セントルシア、タイ、東ティモール、モンゴルの7カ国に14日以内に滞在歴のある外国人を入国拒否とすることを決めた。特別永住者は対象外。21日午前0時から実施する。外務省が7カ国の感染症危険情報を「レベル3」に引き上げたことに伴うもので、同様の措置の対象は159カ国・地域となる。 

(ニュース提供元:時事通信社)