【ワシントン、モスクワ時事】ブリンケン米国務長官とロシアのラブロフ外相は19日、アイスランドの首都レイキャビクで会談した。バイデン米政権発足後、対面での米ロ外相会談は初めて。首脳会談の早期実現に向け、協調できる分野の模索が焦点となったが、ウクライナ情勢などをめぐり両国の隔たりは大きい。
 ブリンケン氏は会談冒頭、「ロシアの敵対的行動には同盟国やわれわれは対処する」と述べ、けん制した。一方で、新型コロナウイルス対策や地球温暖化問題、北朝鮮問題などでは「利害が重なる」と指摘。「米ロ首脳が協調的に連携できれば、世界はより安全になる」と訴えた。
 これに対しラブロフ氏は米ロ間には「深刻な相違」があるとしつつ、互いに尊重し、誠実な議論が行われれば「例外なくあらゆる問題を議論する用意がある」と述べた。その上で「前向きな結果を出せる問題については協力すべきだという点で(米ロ首脳は)一致している」と強調した。 
〔写真説明〕19日、レイキャビクで、会談するブリンケン米国務長官(左)とロシアのラブロフ外相(右)(AFP時事)

(ニュース提供元:時事通信社)