横浜市立大の山中竹春教授らの研究チームは20日、新型コロナウイルスの従来株感染から1年が経過しても、感染を阻止する「中和抗体」が97%の人で持続しているとの分析結果を発表した。一方、変異株の場合、軽症・無症状者で中和抗体の量が1年後に大きく減っていた。ワクチンを接種しても抗体量は同様に減るとみられ、山中教授は「1年後には再接種する必要があるのではないか」と指摘している。
 研究チームは、昨年2~4月に新型コロナに自然感染して回復した20~70代の男女250人の血液を調査。中和抗体を持つ人の割合を調べると、従来株の場合、全体では感染半年後が98%、1年後は97%だった。症状別に見ると、軽症・無症状者では97%と96%、中等症と重症ではいずれも100%だった。 

(ニュース提供元:時事通信社)