大阪府の吉村洋文知事は20日、新型コロナウイルス対策で発令中の緊急事態宣言について「経済に大きな打撃を与えているのは承知している。ただ医療の状況は依然厳しい」と述べた。府庁内で記者団に語った。
 その上で吉村氏は、宣言延長の可否をめぐる府の見解を議論するため、来週後半にも対策本部会議を開く考えを示した。感染者数の推移や変異ウイルスの影響などを慎重に見極める方針だ。 

(ニュース提供元:時事通信社)