梅雨前線上の低気圧が日本海西部を北東へ進んだ影響で、21日未明から朝にかけ、四国や近畿、東海、長野県で激しい雨が降る所があった。気象庁は同日夜にかけ、近畿と東日本で大雨による土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。落雷や突風にも注意が必要。
 近畿や東海、長野県では土砂災害警戒情報が発表される地域が相次ぎ、京都市の一部などに避難指示が出された。大阪市中央区の大阪管区気象台では21日午前7時までの12時間雨量が164.0ミリを観測し、この地点の5月の最多記録を更新した。高知県馬路村では同6時20分までの24時間雨量が310.5ミリに上った。
 22日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海200ミリ、近畿と関東甲信150ミリ、北陸100ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)