河野太郎規制改革担当相は21日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種について、宮城県と群馬県の各1カ所、愛知県の2カ所でも24日にスタートする予定だと明らかにした。いずれも主体は自治体で、米モデルナ製のワクチンを使用する。24日に開始されるのは、自衛隊が運営する東京都、大阪府と合わせて5都府県となる。
 河野氏は全国の自治体に向けて「積極的な大規模接種の拡大をお願いしたい」と要請。余ったワクチンは廃棄せず、接種券を持っていない住民に対しても使用するといった柔軟な対応を促し、「批判があれば、私が責任を取る」と強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)