政府の中央防災会議(会長・菅義偉首相)は25日、国の防災基本計画を修正した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自宅療養者の避難先の確保を検討するよう新たに明記。避難所の3密回避のほか、マスクや消毒液といった衛生用品の備蓄などコロナ下の災害への備えを盛り込んだ。各自治体は基本計画に沿い、地域防災計画を修正する。
 菅首相は会議で、「新型コロナの影響が長引く中、避難所での感染拡大を防止しなければならない。平年より早く梅雨入りしており、万全の態勢で災害対応に臨む」と述べ、各閣僚に対策強化を指示した。
 修正後の防災基本計画では、自宅療養者の被災に備え、対象者がハザードマップ上の危険エリアに居住しているかどうか保健所が確認するよう努めると記した。保健所は市町村の防災担当部局と連携し、療養者の避難先や経路の確保に向け、具体的に調整する。 
〔写真説明〕中央防災会議で発言する菅義偉首相=25日午前、首相官邸

(ニュース提供元:時事通信社)