【シンガポール時事】マレーシアの首都クアラルンプールで24日夜、都市鉄道の列車同士がトンネル内で衝突する事故が起き、200人以上が負傷した。うち少なくとも47人が重傷という。AFP通信などが報じた。
 現場は観光客にも知られる高層ビル、ペトロナス・ツインタワー近く。多くの人が乗った列車と、反対方向から来た回送列車が正面衝突した。連絡ミスが原因とみられ、両列車は同じ線路上を走行していた。
 警察当局者はAFPに「正面でぶつかった。衝撃で乗客は投げ出され、負傷した」と説明。両列車の走行速度は時速40キロと20キロ前後だったという。 
〔写真説明〕24日、マレーシアのクアラルンプールで起きた列車事故で負傷した乗客(EPA時事)

(ニュース提供元:時事通信社)