【モスクワ時事】ロシアのメディアによると、ベラルーシ当局が旅客機を緊急着陸させ、反体制派メディア創設者の男性を拘束した問題で、男性の交際相手で、旅客機に同乗していたロシア人女性も拘束された。ロシア外務省は25日、ベラルーシから女性の拘束について連絡があったと発表した。
 反体制派メディア創設者ロマン・プロタセビッチ氏(26)の交際相手であるこの女性はソフィヤ・サペガさん(23)。リトアニアの大学で学んでいると伝えられている。プロタセビッチ氏は最近はリトアニアを拠点に活動していたとみられ、旅客機もリトアニアに向かっていた。 

(ニュース提供元:時事通信社)