【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)によると、米国で新型コロナウイルスの免疫獲得に必要な回数のワクチン接種を受けた成人が、25日までに全体の50%に当たる約1億2900万人に達した。米国で使用が認められているワクチンのうち、ファイザーとモデルナの製品は2回、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の製品は1回の接種後、それぞれ2週間で免疫を獲得できるとされる。
 CDCのワレンスキー所長は、1日当たりの新規感染者数が25日までの1週間で平均2万3000人を下回り、前週比で約25%減少したと指摘。記者団に「引き続き注意しているが、減少傾向が続くと期待している」と語った。新規感染者数は、1月のピーク時と比べ10分の1以下に減っている。 

(ニュース提供元:時事通信社)