政府は、新型コロナウイルス対策として東京、大阪など9都道府県に発令中の緊急事態宣言の延長を、28日に決定する方針だ。今月末に迫る期限について、23日から宣言の対象に追加された沖縄県にそろえ、6月20日まで延ばす案を軸に調整。酒類を提供する飲食店への休業要請や、イベントの人数制限は継続する方向だ。
 9都道府県について、政府は感染状況や医療提供体制の改善が不十分と分析。菅義偉首相は26日夕、西村康稔経済再生担当相ら関係閣僚と延長案をめぐり協議した。27日に詳細を詰める。28日に専門家らでつくる基本的対処方針分科会に諮った後、政府対策本部で決定。首相が記者会見に臨み、国民に協力を呼び掛ける見通しだ。 
〔写真説明〕首相官邸に入る菅義偉首相=26日午前、東京・永田町

(ニュース提供元:時事通信社)