富士通の情報共有システムへの不正アクセスで、内閣サイバーセキュリティセンターは26日、同センターの情報システムを構成するIT機器に関する情報が流出したと発表した。ただ、現時点で個人情報の流出などによる被害は確認されていないという。加藤勝信官房長官は記者会見で「富士通に対し、調査を迅速に行い、状況について随時報告するよう求めている」と説明した。
 外務省も、デジタルガバメント実現に向けた検討資料が流出したと発表。職員の名前や所属、メールアドレスといった個人情報が含まれているが、外務省のシステムや業務への影響は確認されていないという。 
〔写真説明〕内閣サイバーセキュリティセンターのホームページ

(ニュース提供元:時事通信社)